2015年11月 8日 (日)

滋賀支部の集い

あいにくの雨・・・・
朝900JSTに、湖東会館に集合し準備を始めました。
もうだいたい皆さんもお集まりで、記念局のアンテナ設営のお手伝いなどしているうちにジャンク市もスタンバイし、皆さん物色が始まりました。
その後1000Jとなり、開会のあいさつ、滋賀コンテストの表彰と続きました。
午前中は、我孫子理事、宮本関西地方本部長のお話を聞きましたが、JARLの現状をいろいろ知ることができました。
昼食を挟んで、UVNさん、DRBさんとDX談義などもできました。
午後からはAZC局のJT65のお話と実演があり、興味はあったものの具体的なお話を聞くのは初めてで大変参考になりました。
最後に記念写真の後、抽選会で、ボールペンとウエットティッシュをゲットし終了となりました。
今回は1430Jの終了ということで、雨ということも有り早めに帰宅でき助かりました。
自宅で盾を並べてみましたが、第12回から今回の19回までいただいていました。

Shigatest_a

Shigatest2015

2015年11月 1日 (日)

2015WW

先週になりますが、上記コンテストに参加しました。
久しぶりに時間がとれたので、本格的に参加することに・・・
参加部門は21,14あたりで考えていましたが、最終的になれた14MHzに決定。
スタートからCQを出すもののいきなり閑古鳥・・
気を取り直してS&Pで仕切り直すもののパットせずWもほとんど聞こえず。
OCを拾いながら昼ごとまで粘ってようやくWがオープン、といってもビックオープンとまでは行かずそこそこのペースで。
そのまま15JあたりからはEUも開けだしそれなりに楽しめました。
いったん日没後あたりからEUも弱くなりましたが、夜になって再びオープンというパターンでした。
二日目も朝はパットせず、一日目と同じような感じです。
最後に夜遅くなりEUがかなり開け出しましたが、翌日のCMもあり、泣く泣くCloseに。
その後のCondxはどうかわかりませんが、+200Q位はいけたかな・・・と。
それなりに楽しめたWWでした。

2015wwph

2015年10月17日 (土)

アンテナ修理 一件落着

クリエート・デザイン社の迅速な対応と、物流のクロネコさんの連係プレーで恐ろしく素早い修理完了となりました。
月曜夕方発送の木曜昼、修理品完了品到着という記録です。
さすがに平日は暗闇の中の作業となると危険ですので、本日まで待ち、朝一でトラップ取り付けを済ませて、タワーへアップ。
月曜に何度も同じ作業をしていますのでさすがに要領よく進みます。
1時間ほどで作業を終え、SWRチェックも完了。
あっけなく全て終了しました異常の有無もチェックし、これでしばらくタワー上のメンテナンスもしなくて良さそうです。

2015年10月13日 (火)

アンテナ修理完了\(◎o◎)/!

昨日の夕方送り出したトラップ一式。
いつ戻るかなあ・・と書いたところですが・・・・・

な、何と、夕方「修理完了メール」が届きました。
今までいろいろな修理経験していますが、これは恐るべき早さ!!
特別にお願いしたわけでは無いです。もちろん。

で、原因は「長年かけてこんがりと焼き上がった」ことのようです。
具体的には

21MHzのコイルの焼損でした。コイルは
少ないターンで高インダクタンスを得る様ホルマル線
で密着巻されてますが、絶縁物が剥がれ隣のコイル
線間とショートしていたのが原因と思います。

とのことでした。

何にせよ週末には作業できそうです。
早速修理代を振り込みましたので、今週末からまた遊べそうです。
ラッキー(^o^)

2015年10月12日 (月)

アンテナ修理・・・

T3も今朝は静かでどうやらQRTの様子。
ということで安心してアンテナ作業に。
昨日とは違い晴天で作業はつらそうです。
午前中にブームをたぐり寄せ、ラジエターを下ろしました。
で、目視で異常なし。
トラップの先のアルミ部分を抜くと、変色と、金属の焼けたようなにおいが・・
以前この部分がすっぽ抜けてトラブったこともあるので、念のためきれいに磨いて接続し直しました。
で、トラップを外す予定でしたが、何となく直りそうな予感があったのでそのまま原状復帰。
アンテナ直下で、アナライザーでチェックすると・・・
何と元通り(^o^)
安心して元の位置に戻し、後はステーのみというところでステーの金具を落下・・・
仕方なく地上へ戻りました。
せっかくですのでリグ付近でもアナライザチェックでOK
更に念のため異常だった7MHzで送信チェック。
(?_?)おかしいです。

で、再度アナライザで確認すると異常なときと同じ状態に戻ってます??
一気に落胆し、ランチブレークで一息、腰と腕に疲労感が・・・・。
休憩中にAZC局にも相談しましたが、やはりトラップですよねえ。
ということで疲れ切った体にむち打って、再度上空20mへ。
で、ラジエーターを下ろし分解。
どうにか朝からの作業を15時頃に終えました。
その後、クリエートに修理依頼で送ろうとしましたが、トラップ部分のアルミパイプが意外と長く1.7mサイズ。
仕方なく、ヤマト便の送り状を書いて持ち込みました。
いつ戻ってくるのか・・しばし無線はお預けです。
(一応、7MHz逆Vがありますが・・・)
これでWWは必然的に参加周波数が決定ですね。
最後に午前中のお空を・・

Img_13371

Img_13381

2015年10月 5日 (月)

夜間作業 (^o^)

人間とは不思議なもので、「できないとなるとやりたくなる・・」
ということで、昨日やり残した作業がどうしてもやりたくなり、CM帰りにACコードを10m購入
で、早速2つに裂いて♀コネクタに半田付け
少々足りないであろう、ヒゲはその辺のケーブルの残りで・・・
完成した後ステー線をとりつけ、真っ暗な中、搭乗開始(^^;)
以前の舳倉島で使用したヘッドライトが役に立ちますHiHi
というか、人工の灯りが多いので実は夜でも結構明るいのです。
早速タワートップに常置してあった以前のスローパー用同軸に接続し、簡易防水のテーピング。
その後展開できる範囲で広くアンテナを取り付け。
SWRの最良点は7MHz以下でしたので、おひげをばっさりカット。
7.1MHzくらいでとりあえず2以下という状態なので今日は良しとしました。
早速クラスタをチェックしますが、その周波数ではNil

いったん気を取り直して、片付け&着替えを済ませ、紅茶タイム
で、シャックに戻ると7024にいらっしゃいましたので、早速戦闘開始。
さすがにビームも逆方向に近いですしIVですので、覚悟を決めてSplitの位置を見定めながら気長に勝負することにしました。
結果は・・・
意外とあっさりと10分ほどでしょうか、コールバックがあり7CWを確保。
夜間作業が功を奏した形でした。
ただ、引き込んだ同軸がドアからの状態なので、週末に引き込み穴に入れるとしますか。
できれば、長く使いたくないのですがねえ。

2015年10月 4日 (日)

TX3X

いよいよ始まったChesterfield Islands
昨日から追っかけ始めましたが、20mでの順調な滑り出しの後、暗雲が・・・
昨日深夜から日付が変わる頃にRTTYでS79SPを読んでいると突然リニアのチューナーがカタカタうるさく動き出し、?と思って確認するとSWRが異常値。
アンテナ直結で同軸にアナライザを取り付けてもやはり変。
(7,21,28のトライバンダー)
とりあえずSWRが下がる部分はあるものの、明らかに通常値と違っていました。
今朝になってもう一度確認すると・・
28MHzはOK
21MHzが22.2MHzあたりでSWR最小(1.6)
7MHzに至っては7.34MHzで(1.5)
という有様。
どうやらトラップが怪しい模様です。
タワーからは手も届かず、大がかりな作業が必要そうです。

今更ですが、即席DPでもあげれば良かった(/_;)
明日以降は帰宅が暗い時間ですので土曜朝一からアンテナ張りですね。
7MHzはあきらめて更に下を狙いますか・・・。

V7報告会

いつもの定例運営委員会で、V7の報告会となりました。
マルチコプターで撮影した映像で、アンテナの紹介やシャックでの様子などを拝見しました。
お話によると、V6に比べて快適に過ごせるようで、電源事情やエアコン、温水等々FBなようです。
無線の方は1500局余りとQSOできたそうです。
EMEも垂直偏波ではNGで水平偏波で順調だったようです。
SSB,CW,RTTY,衛星通信、EMEとQRVされたようです。

楽しいお話で、あっという間に時間が過ぎ16時頃にお開きとなりました。
今回はIWLさんもいらっしゃって賑やかに開催されました。
来年も可能性ありのようなので期待できそうですね。

2015年9月27日 (日)

V73A,V73YL,V73EME

先週末からローカル各局がV7よりオンエア
順調にQRVされているようで、追っかけをさせていただいています。
昨日は朝からアクティブでしたので17m、12m、15mと各バンドでサービスされていました。
残念ながら途中外出で12m、15mは外でクラスタワッチ
夕方からはローバンドで40m、80mと・・・。
途中80mは何度か信号が途切れ、トラブルでもあったのでしょうか。
しかもその間、コールサインを打たないUCらしき局がかなりのJAを捌いていたのが気がかりです。
信号も本物より圧倒的に強く、国内局と思われますが・・・。

今日も朝からアクティブにQRVされており、現在も80mで最後のローバンドサービス中のようです。
2局合わせて、10m、15m、17m、20m、40m、80mでお相手いただいています。
明日午前中までのQRV予定なので、私はこれで終了となりそうです。
ペディションに行かれている各局の無事なご帰還をお祈りいたします。

2015年9月23日 (水)

PC入れ替え

シルバーウイークも最終日
とはいえ、今回は大きな動きもせず近場でうろうろでした。
一昨日は、以前の台風によってエレメントが落ちた!垂直5エレの修理を行いました。
昨日になってエレメント(ディレクタ)の2本を勘違いしてつけていたので更に簡単でしたが修理。
今日になって、とりあえず手が空いたなあと思ったのですが、偶然ノートPCでCI-Vのインターフェースキットが動作するのを確認し、メインPCを入れ替えることに・・・。

以前から古いWin7(32bit)の動作が緩慢だったのでcorei5(win8)に入れ替えたかったのですがいくつか課題があって保留していました。
・RS232C
・CI-V
この2点がWin8マシンに対応せず、RS232Cは昨年にパーツを購入し解決したものの、CI-Vとして使用しているインターフェースがWin7(32bit)にしか対応できずあきらめていた次第です。
ところが、たまたましまい込んでいたJN2AMD局のインターフェースキット(動作不良でお蔵入り)をWin10(64bit)に取り付けたところあっさり動作確認完了。
で、昨晩corei5マシンWin7(64bit)をUpdateしてWin10へ・・・。
夜中のうちに大量のデータをコピー
そして今朝、いよいよCI-Vのドライバインストールにかかりました。
ところがノートPCでは勝手にドライバインストールをしたくせに、今回は「インストールできません!」とのたまいます。
ここまできてあきらめるのもしゃくなので、いろいろ試している中で、1つ古いバージョンのドライバがなぜか適合。
ようやく無事にインストール完了となりました。
ほかにも古い古いスキャナが64bitに対応しておらず、同じ苦労をした方のブログでinfファイルの書き換えを行って一応動作確認。
ドキュメントスキャナも以前のものは使用できず、Webからダウンロード。
今のところ、これで元の環境に収まったと思いますが、隠れたトラブルが潜んでいるかも。
無線関係はLogger32,Zlog,MMANA,MMTTY,MMQSL等以前確認したように順調に動作しています。

ちなみに今回の作業で一番びっくりしたことは・・・
これでした。

Cimg3911

なぜか、旧CI-Vのインターフェース裏に「大穴」が!!
完全にプラ部分は融けてます。

最近のトラックバック