« Real QSO with IT9BTI on 15m band | メイン | 春到来? »

2016年2月28日 (日)

アンテナ修理

しばらく前からWARCのANTのDirecterが傾いていました。
設置してからもう数年はたっているはずですが、なぜか今頃?
この週末天候も良さそうなので修理予定を入れていました。
昨日は午前出かける用事もあり、風が強かったので今日の暖かな無風の中での作業となりました。
場所が場所だけに手が届かず、仕方なくRaをはずし、マッチングも外し、Diをブームごと手元に引き寄せました。
それでも届かず、マストクランプを外し完全に分離状態で20mのANT上で待機状態にし、Diのナットを締め直しました。
後は逆の要領で元に戻して作業終了。
まあ、2時間ほどでしたので軽作業ですみました。
ついでに全体をチェックし、シャック内にてアナライザでSWRチェック
異常なしで完了です。
その後、30mLPで3XY1Tの入感を手ぐすね引いて待っていると「ビンゴ!」
ビームパターンも戻って気持ちよくWKD
今朝のCQ連発の40mSと合わせて2UPとなりました。
これで春のペディション準備も完了です。

Analysis

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/352575/33753713

アンテナ修理を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

最近のトラックバック